浴室リフォーム、自分でできることもある

浴室は、実は家庭内でもアクシデントが発生しやすい場所とされています。



これは他の部屋との温度差が顕著であること、また床などが水に濡れているため足を滑らせやすいことなどが原因として挙げられます。


こうした原因を取り除くためには、浴室のリフォームが効果的です。


プロの知恵を借りると、安心して過ごすことができる浴室を実現させることができます。



ただし本格的なリフォームとなるとお金がかかる、時間もかかると言うことも多いです。

そのためなかなかそれに踏み切ることができない人も多いかもしれません。そこでおすすめなのが、自分で行うリフォームです。
自分で行う場合、リフォームと言うには小規模な内容であることが多いですが、それでも方法によっては十分な効果を得ることも可能です。
たとえば足を滑らせる危険を除去したいと言う場合は、足元にすのこや防水性に優れたマットなどを敷くと言う方法が効果的です。

あるいは咄嗟に足を滑られても転倒を防ぐことができるように、適当な高さに手すりを付けると言うのも良いです。
手すりを付けることは、安心して浴槽に浸かる、浴槽から出ることに対しても効果が期待できます。


また浴室専用のチェアを設置すれば座っている時間が長くなるので、転倒するリスクを減らすことにもつながります。

温度差を解消したい場合には、脱衣場に温風機や除湿機を設置するようにすると良いです。



こうしてことは、将来的に体力や筋力が衰えた際の安全確保にもつながることなので、早めに行っておいても損はないと考えられます。

またすのこや防水マット、手すりなどはホームセンターで販売されているので、簡単に行うことができると言うのも嬉しい点です。