高齢者は浴室リフォームで安全に入浴できるようになる - 浴室リフォームでヒートショックを防ごう

高齢者は浴室リフォームで安全に入浴できるようになる

浴室は、ケガや事故原因が多い場所となっています。



水分により滑りやすく、浴槽をまたぐなどの不安定な体勢になるため、転倒の危険性が高いのです。



高齢者になれば、足腰の筋力や瞬発力も衰えるため、転倒などのリスクはさらに上がってしまします。このリスクにより、入浴行為が遠ざかって、皮膚の清潔が保てなくなるといった悪循環に陥る可能性も増えてきます。浴室の環境を改善することで、今までと同様に一人で入浴行為が続けられるようになります。

介護保険制度では、要介護認定を受けている高齢者に対して、上限20万円までの給付を受けることができます。


利用者は自己負担1割(一定の所得以上ある方は2割)で、リフォームを受けることができるのです。
しかし、20万円を超えた分は全額自己負担になりますので、覚えておきましょう。
浴室環境を整える介護リフォームとしては、手すりの設置があります。
掴めるところが増えることで身体を安定させることができます。



また、床に段差がある場合は、床面を高くして段差を解消することにより、つまずきによる転倒を予防することができます。この2点をリフォームするだけでも、以前より安全に入浴することができるようになり、高齢者の自信回復にもつながります。浴室やトイレ、日常の生活空間で介護リフォームを考えている方は、お住いの地域包括支援センターや居宅介護支援事業所などに相談することで、必要な続きや調整を行ってくれます。